なし

口腔粘膜で調べる『葉酸代謝遺伝子検査キット』

遺伝的にホモシステインの血中濃度が上昇しやすい体質かを葉酸代謝遺伝子
検査により分析!
MTHFR C677T(メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素)

◆CC型の人は、酵素活性はふつうです。
体質的には葉酸不足の影響が少ないタイプです。
・日本人の頻度は34%

◆CT型の人は、酵素活性は中間的で、血中ホモシステイン濃度がやや上昇
(中値)しやすい傾向です。
体質的には葉酸不足の影響が現れやすいタイプです。
・日本人の頻度は50%

◆TT型の人は、酵素活性が弱く、血中ホモシステイン濃度が上昇(高値)
しやすくなります。
葉酸不足の影響が強く現れるタイプです。
・日本人の頻度は16%

こればかりは、葉酸代謝遺伝子検査を受けてみないと、自分の遺伝体質が
わからないのです・・・

早めに自分の遺伝体質を知ることにより、未然に健康障害リスクを回避
しましょう!(^^)!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TA7GN+EPWBOY+1234+O4203


関連記事

  1. MppKZ
  2. 奥歯の歯茎が腫れて膿が溜まっているようだったので、かかりつけの歯…
  3. 歯肉炎
  4. 怖いです…
  5. 便秘塩水
  6. 朝に焼きバナナを食べて便秘改善!ダイエット効果は?ホットバナナの…
  7. 60包 1ヶ月分 エニワン-D 送料無料 サプリメント 新版 便…
  8. 毎日歯磨きしているのに、日本人には虫歯や歯周病が多い理由とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。